top of page
  • mhojo58

熊本城マラソン2024

 2月18日に開催された熊本城マラソンに参加しました。昨年は雨が降り続き寒い日でしたが、今回は快晴で絶好のマラソン日和でした。

 午前9時に市役所前をスタート、大勢のランナーと楽しく走りだしました。周囲には「魔女の宅急便」の女性コスプレランナーやピカチュウのコスプレランナーがいました。

 熊本の中心部から市街地を南下し、川尻あたりまで行きます。この大会は簡易トイレや給水、給食所がたくさん用意されており、また沿道からも暖かく熱のこもった応援をいただけるので大変ありがたいことです。また1キロごとに表示があるのもランナーにはうれしいところです。

 川尻の歴史を感じさせる街並みを過ぎると田園地帯に入ります。前面に金峰山、周囲は春を待つ広々とした田が広がり、また風も心地よく楽しく走れました。

 ただ、この日は日中は20度近くまで気温が上がり、フルマラソンにはかえって適温より高くなりました。私も25キロあたりから暑苦しさを感じて足が重くなりだしました。

 25キロから30キロあたりはアクアドームのあたり、熊本港に向かって数キロ走って折り返して街に向かうコースになります。5キロ以上先を行くランナーが折り返してドンドン向かってくるのは少しめげます。見るとスタート地点に近くにいた魔女の宅急便ランナーやピカチュウランナーが颯爽と向かってきます。コスプレランナーはけっこう走力がある方が多く、余裕があるからこそのコスプレなのかもしれません。

 30キロからはバテバテになり、給水所のたびに立ち止まって屈伸したりしながら走りました。最後は二の丸の坂をほぼ歩きながら登ってゴールしました。タイムはネットで4時間20分強、まあ自分としてはまずまずでした。

 弁護士の中でもマラソンを走る方はかなりいます。やはり普段の業務では対人的なストレスを感じる場面が多く、自分との闘いであるマラソンなどは絶好の気分転換、ストレス解消なのかもしれません。なかにはサブスリーの猛者もいますが、私としてはマイペースで、いつかサブフォーが達成出来たらいいな、程度の目標でぼちぼちやっていきたいと思います。

 


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

弁護士の東京一極集中

コロナ禍で一旦収まっていた東京ないし首都圏への人口流入が再び始まったとのお話があります。弁護士業界はコロナに関係なく、もうずっと東京一極集中が続いています。ここ数年はその傾向が一層進んで、例えば現在新人弁護士である第76期司法修習生だった弁護士のうち、実に64パーセントが東京に就職しています。大阪は11パーセントとのことで、東京大阪で4分の3の新人弁護士を占めているということになります。一方で昨年

ChatGPTと弁護士業務

最近、ChatGPTが大きな話題となっています。弁護士業界も例外ではなく、ChatGPTが法律相談や書面作成など、弁護士業務の大部分が代替可能となり、弁護士はもはや用済みになるのではないか、というような意見すらあります。 確かに契約書のチェックや判例検索・分析などはAIの得意とするところであり、もはや人間のかなうところではないかもしれません。 ただ、少なくとも私のような町弁(市民一般の案件を扱う弁

Comments


bottom of page