top of page
  • mhojo58

明けましておめでとうございます。




 明けましておめでとうございます。すっかりブログの更新が遅くなってしまいました。

年明け早々、能登での地震、航空機事故などが発生し、おめでたい気持ちなどどこかに吹き飛んでしまいましたが、今年も精いっぱい依頼者の皆様のために業務に邁進していきたいと考えておりますので、何卒よろしくお願いします。

 法律も各種技術もどんどん新しくなります。もはや若いとはいえない年代となりましたが、時代に置いて行かれないように、精一杯自身をアップデートしていきたいと思います。一方で弁護士となったときの初心を忘れずに、慢心せず、どの事件も緊張感、使命感を忘れずに仕事をしていきたいと思います。

 今年もよろしくご指導ください。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

弁護士の東京一極集中

コロナ禍で一旦収まっていた東京ないし首都圏への人口流入が再び始まったとのお話があります。弁護士業界はコロナに関係なく、もうずっと東京一極集中が続いています。ここ数年はその傾向が一層進んで、例えば現在新人弁護士である第76期司法修習生だった弁護士のうち、実に64パーセントが東京に就職しています。大阪は11パーセントとのことで、東京大阪で4分の3の新人弁護士を占めているということになります。一方で昨年

ChatGPTと弁護士業務

最近、ChatGPTが大きな話題となっています。弁護士業界も例外ではなく、ChatGPTが法律相談や書面作成など、弁護士業務の大部分が代替可能となり、弁護士はもはや用済みになるのではないか、というような意見すらあります。 確かに契約書のチェックや判例検索・分析などはAIの得意とするところであり、もはや人間のかなうところではないかもしれません。 ただ、少なくとも私のような町弁(市民一般の案件を扱う弁

Comments


bottom of page