top of page
  • mhojo58

日弁連法律相談ムービー「どうぶつ法律相談」


私は日弁連の「公設事務所・法律相談センター」という委員会にて副委員長をしておりますが、そこでの課題として、全国の弁護士会が運営する「法律相談センター」をより広く市民の皆様に知らしめる、そして利用を促進する、ということがあります。

 法律相談センターは、全国の弁護士会が運営する、市民の法律相談を受け付ける組織です。しかしながら、そういう組織があるということ自体、市民の皆様に知られていません。    なかには「知っています」という方もおられますが、その中の多くが全国に支店を展開する大規模事務所のCMを見て、その事務所の受け付けている相談などと混同されています。

 また、弁護士というと、まだまだ敷居が高いとか、費用がいくら取られるかわからないとか、気軽に相談してはいけない気がする、というイメージがあります。そのようなイメージを払拭して、気軽に相談をしていただきたい、という希望もあります。

 そこで、一昨年は「戦国法律相談」、昨年は「偉人たちが駆け込む法律相談所」というタイトルで面白動画を作成し、YouTube内チャンネルの「日弁連TV」にアップしました。おかげさまで、まずまずの反響をいただくことができました。

 今年は少し趣向を変えて「どうぶつ法律相談」という動画を作りました。きっかけは、私の庭の花に来るミツバチを見て、「こんなに年中不休で働いて、大変だなあ…」と思ったことからです。そこから「ミツバチが労働問題について相談に来たら…」という着想からはじまって、動物が法律相談に来たらどんな相談をするかな、という想像を膨らませて動画を作りました。もちろん私は元ネタだけ出して、動画に仕上げたのはプロの方々です。

 多くの皆さんに見ていただいて、弁護士や法律相談センターをより身近に感じていただけると嬉しいです。よろしくお願いします!



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

弁護士の東京一極集中

コロナ禍で一旦収まっていた東京ないし首都圏への人口流入が再び始まったとのお話があります。弁護士業界はコロナに関係なく、もうずっと東京一極集中が続いています。ここ数年はその傾向が一層進んで、例えば現在新人弁護士である第76期司法修習生だった弁護士のうち、実に64パーセントが東京に就職しています。大阪は11パーセントとのことで、東京大阪で4分の3の新人弁護士を占めているということになります。一方で昨年

Comentários


bottom of page